中国語検定3級の傾向と対策

3級の合格点は、

 

リスニング(選択) 65点

 

筆記(選択・記述) 65点

です。

 

 

レベルの目安はこう書かれています。

学習時間200〜300時間。自力で応用力を養いうる能力を持つこと。即ち基本的な文章を読み,書くことができ、簡単な日常会話ができること。
一般大学の第二外国語における第二年度履修程度。
1,000〜2,000の常用単語の意味の把握,漢字とピンインとの相互の表記がえ、またこれらの単語による中国語複文と日本語との訳し合いができること。

 

まずはっきりいえるのは、4級ではなんとかなった語彙が、3級では徹底的にカバーしないとと3級では合格しません。

 

中国語検定3級を受ける人は、発音の基礎は知っていて、多少の中国語学習経験があるという方がほとんどでしょう。

 

リスニング、読解、中国語作文、文法、単語の出題分野のうち、もっとも重要なのは、リスニング、文法です。

中国語検定 3級の傾向とは?

中国語検定 3級の傾向はざっくりとこんな感じです。

 

中国語検定3級の特徴

中国語の基礎力が多い。

 

出題される文法・単語の範囲は対策しやすい。

 

リスニング能力と文法能力が重要。

 

作文は傾向が似ている。

 

単語レベルはは1000〜2000語。

 

 

リスニング試験
  • [1]対話 ・・・ 基本会話のリスニング力(1000語レベル)
  • [2]内容理解 ・・・ 長文のリスニング力(1000語以上)

 

 

筆記試験
  • [1]声調・ピンイン ・・・ 単語力(2000語レベル)
  • [2]空欄補充 ・・・ 文法力(1000語レベル)
  • [3]語順整序 ・・・ 文法力(1000語レベル)
  • [4]読解 ・・・ 文法力、読解力、単語力(2000語以上)
  • [5]日文中訳 ・・・ 文法力、作文力(1000語レベル)

 

 

 

実際の筆記の試験内容はこちらです。
3級試験PDFはこちら

中国語検定 3級の対策とは?

文法書、リスニング教材で十分勉強すれば、単語力は1000語近くになります。

 

文法書である程度理解したら、どんどんリスニング学習をしましょう。

 

3級では基礎の会話レベルの文法事項が多いので基本文をしっかりおさえましょう。

 

まず市販の3級問題集を補助的に何度も繰り返すか、最短合格のためのeラーニングなどで効率的に学習するかどちらにで 進めるのかをきめましょう。

 

どちらの学習法ががいいかの判断の目安は、上記リンクにある実際の問題をみて、ぱっとみて問題の5割以上は回答がわかるかどうかです。

 

ぱっとみて問題の5割以上は回答がわかる人は、3級合格のベースの実力がある人なので、そのベースを延長すれば合格できます。市販の3級問題集を傾向別にひたすら叩き込めば十分でしょう。

 

逆にぱっとみて問題の半分もわからない人は、まだ3級合格レベルのベースの能力ができていません。
もしも合格への最短コースを目指すなら、最短合格用の中国語eラーニングが効率的です。

 

中国語検定合格のための最短コースの授業内容が設計されている中国語講座があるので、そちらの内容を確認してみてください。

 

迷っている場合は、無料体験をしてみてから考えればいいと思います。

 

 

中国語検定3級合格のための最短コース早稲田大学発!脳科学とITを駆使した革新的学習システム【超速中国語】まずは無料体験!

 

 

 

超速中国語とは

「超速中国語」は、脳に言語を覚えさせる脳科学の理論を、ソフトウェアで実現した最新の中国語トレーニングシステムです。

 

音の刺激と早稲田大学で培った中国語習得理論を組み合わせ、利用すれば確実にレベルアップすることができます。ナチュラルスピードでの反復練習と、学習過程と学習量のシステム自動制御で、脳内に新たな中国語データベースを構築します。

 

これにより、現在の自分の能力にあったトレーニングを、まるでゲームをクリアしていくような感覚で進めることができ、 脳に自動的に中国語を習得させます。

 

 「65時間超速中国語」は、早稲田大学文学部の第二外国語の授業にも正式に採用されており、97%以上の受講生が約2ヶ月で中国語検定試験4級に合格しています。

 

3級に合格するためには、「超速中国語STEP」、「超速中国語JUMP」がお勧めです。

 



 

 

3級に最短合格する教材はこちら 習うより慣れろ!【超速中国語】