英語と中国語の平行学習ってどうなの?

英語と中国語の平行学習は、結論からいうとあまりよくありません。

 

英語と中国語の並行を促す教材を選択することはさらによくないです。

 

たとえば、スーパーエスプラインで英語と中国語を同時に学習する教材がでてますが、 絶対に手をつけてはいけない教材です。

 

手をつけても大丈夫な人は 英語脳、中国語脳のどちらかがある程度できている人がOK だけです。  

 

英語脳、中国語脳のどちらもまだできていない人、両方これからという人はNG。 脳が混乱します。

 

それぞれの言語は、音の周波がちがうため、音を認識する領域が違います。 たとえば話の最中で英語と中国語が自然とまざって話会話にでてきてしまいます。

 

実際にマルチバイリンガルな人に聞くとわかりますが、集中して実につけた時期のピークがそれぞれ違います。

 

中国人の場合、10代で日本語(または英語)、20代の大学で英語(または日本語)を覚えたなどがよくあるケースです。

 

つまり、かなりの上級者でないとバイリンガルな学習はやめておかないと、どっちつかずになること間違いなしです。