中国語検定 4級のレベルとは?

4級の合格点は、

リスニング(選択)  60点

 

筆記(選択・記述) 60点

です。

 

 

レベルの目安はこう書かれています。

学習時間120〜200時間。

 

中国語の基礎をマスターできて、平易な中国語を聞き,話すことができること。

 

一般大学の第二外国語における第一年度履修程度。

 

500〜1,000の常用単語の意味の把握、漢字とピンインと の相互の表記がえ、またこれらの単語による簡単な 中国語単文と日本語との訳し合いができること。

 

4級は500語くらいの単語と基本文を覚えれば、それほどそれほど難しくはありません。

 

ただし、重要なことは4声、イントネーション、カツゼツなどの発音の学習です。

 

発音を間違って覚えると3級への学習がより大変なことになります。

 

正しい学習法が大切です。

中国語検定 4級の傾向とは?

中国語検定 4級の傾向はこんな感じです。

 

リスニング試験
  • [1]対話 ・・・ 基本会話のリスニング力(500語レベル)
  • [2]内容理解 ・・・ 長文のリスニング力(500語以上)

 

 

筆記試験
  • [1]声調・ピンイン ・・・ 単語力(1000語レベル)
  • [2]空欄補充 ・・・ 文法力(500語レベル)
  • [3]語順整序 ・・・ 文法力(500語レベル)
  • [4]読解 ・・・ 文法力、読解力、単語力(1000語以上)
  • [5]日文中訳 ・・・ 文法力、作文力(500語レベル)

 

 

実際の筆記の試験はこちらです。
4級試験PDFはこちら

中国語検定 4級の対策とは?

4級は第二外国語における第一年度履修程度で取得できますと書いてあるように大学生なら第二外国語を選択すれば、少しの学習を加えれば取得できるレベルです。

 

きちんと中国語の発音を学びたい人、こまなか文法もきちんと抑えたい人は市販の教材以外の検討も必要でしょう。

 

とくに発音は間違えて覚えると、体が覚えてしまうため、正しい発音をマスターするために倍以上の時間がかかってしまいます。

 

これから中国語を始める人は、 市販の教材を独学で紆余曲折しながらゆっくり進めるか、 e-ラーニングで効率よく進めるかまずきめましょう。

 

中国語検定4級対策の評判のオンライン講座はこちらです。

 

 

早稲田大学発!脳科学とITを駆使した革新的学習システム【超速中国語】まずは無料体験!

超速中国語とは

 「超速中国語」は、脳に言語を覚えさせる脳科学の理論を、ソフトウェアで実現した最新の中国語トレーニングシステムです。

 

音の刺激と早稲田大学で培った中国語習得理論を組み合わせ、利用すれば確実にレベルアップすることができます。ナチュラルスピードでの反復練習と、学習過程と学習量のシステム自動制御で、脳内に新たな中国語データベースを構築します。

 

これにより、現在の自分の能力にあったトレーニングを、まるでゲームをクリアしていくような感覚で進めることができ、脳に自動的に中国語を習得させます。
「65時間超速中国語」は、早稲田大学文学部の第二外国語の授業にも正式に採用されており、97%以上の受講生が約2ヶ月で中国語検定試験4級に合格しています。

 

現在の自分の能力にあったトレーニングを、まるでゲームをクリアしていくような感覚で進めることができ、脳に自動的に中国語を習得させます。

 



 

 

4級にほぼ確実に最短合格習うより慣れろ!【超速中国語】